2014年06月30日

大阪酒塾の2014年度の総会 その2

【2014年5月28日】
その後は懇親会。25蔵から50ほどの酒の提供がありました。なんとあの農口蔵
からも、山廃吟醸が届いてました。各テーブルにデカンタが3本ありお酒を移して
くるので「どれがいいですか?」と質問責め「農口酒」といった時にはデカンタ半
分ほどしかなく、「やっとこれだけです」「みんなで分けてきましょう」と農口さ
んの山吟を頂きました。そのあとは「車坂」「百楽門」「旦」「五橋」「竹の露」
「遊穂」とかたっぱしからいただきました。個人的には「京の春」が気になったの
で利いてみましたが思いのほどでなかったのが残念。知り合いの杜氏さん、蔵主さ
んと話してみましたが今年は造り、いいようですよ。夏を越して秋あがりの酒に大
いに期待しましょう。
posted by きん弥 at 02:14| Comment(0) | 日記

大阪酒塾の2014年度の総会

【2014年5月28日】
25日は大阪酒塾の2014年度の総会に参加して来ました。参加してくださった
蔵が9蔵、お酒だけ参加が25蔵でした。4時半からは元大阪国税管筒井謙之さん
の講義を受けました。いかに日本酒の市場が少なくなっているか、その原因、他の
アルコールとの比較、輸出など色んなな日本酒を取り巻く問題点を、数字を挙げて
の講義でした。最後は質疑応答で締めくくりました。筒井さんとは昨年の「ごぶろ
く会」の初めてお会いし、3月都美人の蔵見を一緒にして、5月のたこ茶屋さんの
呑み会と数度お会いしてるので良く知ってました。実に日本酒の生産量はがた減り
してます、斜陽産業と言われてもいい状態なのです。蔵の数は140ほど、年間で
58万キロほどだそうです。少なくなった大きな原因と考えられる事は飲酒量の減
少だそうです。売れない、買わないから蔵が潰れるのです。もっと日本酒を呑みま
しょう。
posted by きん弥 at 02:13| Comment(0) | 日記

神戸まつり

【2014年5月21日】
由美が昼寝に付いたので弁当をテレビみながら食べてると横になって直ぐの由美が
テレビが気になって起きだしてしまいました。ちょうど神戸まつりのパレードの中
継が始まったとこでした。音量を小さくしてたのに由美はおきだすといって聞きま
せん。サンバチームの映像が流れると食い入るようにみてました。「前に行ったな」
「うん」「サンテレのもんちゃんに会ったな」「うん」由美の記憶に残ってるのか
な?硬いイスに座っていると右の尻が痛いのであいている由美のベットに腰掛けた
り横になってると指導員さんが「お疲れですか」って声掛けてくれました。お茶を
済ましてから外に出てみました。エレベーターの操作は由美がサッサとして、玄関
ドアも開け、外には難無くでれます。うぐいすが鳴き「気持ちいいな」と由美にい
うと「うん」と頷いてくれました。気になる所があるようで由美は車イスを向けま
す、施設の周りを回って調理場の裏に行くとそこには、だれもにも使われそうもな
い崩れかけたベンチがありまりました。由美はここに前に来た事あるのかな?現社
会から閉ざされた空間でした。電気ピアノがあるので音をだしてみると由美はニコ
ニコして横にきて、鍵盤押してました。「由美弾けるの?」「うん」といったけど
メロディーにはならず、単音だけの繰り返しばかりでした。指導員さんによるとカ
ラオケには参加するそうで、ユーミンの歌をうたうそうです。「あ」だけしか発声
しないけど音程はしっかりしてるそうです。会いに行かれた時1階にピアノがあり
ますから聞いてみてください。
posted by きん弥 at 02:13| Comment(0) | 日記