2014年06月30日

大阪酒塾の2014年度の総会

【2014年5月28日】
25日は大阪酒塾の2014年度の総会に参加して来ました。参加してくださった
蔵が9蔵、お酒だけ参加が25蔵でした。4時半からは元大阪国税管筒井謙之さん
の講義を受けました。いかに日本酒の市場が少なくなっているか、その原因、他の
アルコールとの比較、輸出など色んなな日本酒を取り巻く問題点を、数字を挙げて
の講義でした。最後は質疑応答で締めくくりました。筒井さんとは昨年の「ごぶろ
く会」の初めてお会いし、3月都美人の蔵見を一緒にして、5月のたこ茶屋さんの
呑み会と数度お会いしてるので良く知ってました。実に日本酒の生産量はがた減り
してます、斜陽産業と言われてもいい状態なのです。蔵の数は140ほど、年間で
58万キロほどだそうです。少なくなった大きな原因と考えられる事は飲酒量の減
少だそうです。売れない、買わないから蔵が潰れるのです。もっと日本酒を呑みま
しょう。
posted by きん弥 at 02:13| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: