2014年06月30日

「玉川」の杜氏ハーパーさん

【2014年5月28日】
先週の水曜に「玉川」の杜氏ハーパーさんが寄ってくれました。6月に灘の店が玉
川を使った会をするのでその打ち合わせにこられ、帰りに寄ってくれたのです。二
人で燗酒を酌み交わし、酒談義にもりあがりました。「どうしてみんな燗酒呑まな
いのだ」「燗できるのは日本酒だけ」「料理もそれ向きに作ってる」「体に優しい」
などなど。ハーパーさんが日本に来られたのが昭和63年だそうです、えっ、きん
弥がオープンしたのも同じ昭和63年だよ。英語の先生として教鞭とられていたそ
うです、それが日本酒に目覚め奈良の「梅の宿」で酒造りの第一歩を歩んだのです。
この「梅の宿」に一度会いに行ったのですがその時は会えませんでした。最後に山
根杜氏の「不老泉」の「渡舟 山廃」の燗を 呑んだ時ハーパーさん目を閉じられ
じっくり利かれ、「うまい」「いい酒や」と、目に光るものがありましたよ。
posted by きん弥 at 02:15| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: