2014年06月30日

そば打ちと日本酒の会

【2014年6月11日】
8日は「そば打ちと日本酒の会」でした。今回は20人の参加者、その三分の二が女性
でした。12時から上沼さんが試し打ち、この日の水加減を確かめ次から次と打ち続け
ました。茹でる方も休むことなく茹で、気がついたら4時を回ってました、この時間
になるとだれてきて打つ人がいなくなるので、「鴨汁」を用意するとみなさんがそば
を打ってくれました。鴨汁の旨さには負けるもんね、バットに3,4人が打ってくれた
そばを集めて、鴨汁があったまったころに一機に次から次と茹でても食べるスピード
に追いつかないほどでした。今回はみなさん慣れてきましたね、かなりいいそばに打
ててました。そばは水まわしに入ったらスピードとの戦い、その時モタモタしてると
硬い、そばになってしまいます。あとから水を+することができないのでその日の水
加減が大事になってくるのです。今回は酒塾からの参加者も多くいて酒談義しながら
のそば打ち会でした。そうなんです空になった酒瓶がずらりーとならんでました。次
回のそば打ちは新そば粉が出回ってからになります、打ってみたいと思われたら秋に
お越しください。
posted by きん弥 at 02:18| Comment(0) | 日記

とうとう梅雨

【2014年6月11日】
とうとう梅雨に突入、ちょっと歩いただけで背中を汗がジワッときます。土曜も買
出しリックを背負っていると触れているシャツはしっかり汗がしみてました。
今配達に来てくれてる酒屋さん、「暑さに強いんです」「出身は」「沖縄なんで、
暑さは強い」そりゃ強いだろう。沖縄本島でなく、もっと小さい島だそうです。
高卒で東京に就職、名古屋、神戸と南下しているそうです。きん弥とは逆ですね。
暑いのに強い、沖縄出の彼にとっては神戸の暑さはそうでもないそうですよ。帰っ
てバタンキュウで夢心地でいると、明け方に右足に激痛。そうです冷えたらアカン
のです。ごそごそカイロを捜してしばらく痛みに耐えなければいけないのです。
やっぱり暑くてもしっかり寒さ対策して眠りに付かないといけないのです。ソック
スはいてサポーターを痛みのでる箇所にして眠ると暑くて目が覚めるよね、これが
つらいんです。
posted by きん弥 at 02:17| Comment(0) | 日記

第七回大阪酒の陣

【2014年6月4日】
6月1日「てんまみち」の中上さんが主催する第七回大阪酒の陣に参加してきました。
今年の参加蔵は40蔵にのぼりました。40蔵ぜんぶ利けませんでしたが30蔵以上は利
いたと思います。今年は初参加の蔵も多かったので蔵の所在地をみながら「これぞ」
と思うのを利きました。あとは顔見知りの酒蔵さんを利いてまわりました。北雪さ
んが今年から遠心分離機で酒搾ってて甘みのいい感じに仕上がってました。以前の
ヤブタ搾りと比べるとその違いが分かりました。あと低温熟成して熟成酒ですと勧
めてた蔵があって温度を聞いたらマイナス3度。それでは後どんだけかかるんかな?
と担当者に聞きたいよ。熟成させるのにいい温度ある筈です、マイナス3度は低すぎ、
5年と言ってましたが全然熟成香出てませんでした。酒質にもよりますがプラマイナ
ス0あたりがいいとおもいますよ。
うちの冷蔵庫マイナスまで下がらないからプラス1,2度で保存してます。「玉川」
「都美人」「ヤエガキ」は常温で廊下においてますよ。強い酒なんです。
posted by きん弥 at 02:17| Comment(0) | 日記